看護師

新しいがん治療法

女性医師

樹状細胞療法は、樹状細胞という免疫細胞を利用したがん治療法の1つです。有害物質を認識して他の免疫細胞に伝達するという樹状細胞の働きを高めることで、がん細胞に対する攻撃能力を強化することを意図しています。

Read More..>>

首筋の腫れに注意

医者

リンパ節の腫れが長引く場合は病気を疑って診察することが大切です。リンパ節に腫瘍ができるのが悪性リンパ腫です。がんのリンパ球が体をめぐると転移してしまうこともあります。ウィルスや遺伝などが原因だと言われていますがはっきりしていません。3年たっても再発しない場合は、ほぼ完治したといってもいいでしょう。

Read More..>>

家で受けられる医療

患者

世田谷区で在宅医療を選択した場合、家にいながら治療を受けられます。様々な病気を併発している方にとって手間を削減できるメリットがあるサービスです。在宅医療では医師だけでなく看護師や薬剤師を招くことも可能です。

Read More..>>

脳の血管が詰まると

脳梗塞の予防や治療を行ないたいなら、こちらのサイトを見てみると良いでしょう。分かりやすく一つ一つ説明しているので理解しやすいです。

病気の前兆とは

病棟

脳梗塞の前兆は一過性脳虚血発作という症状が起こる場合があります。これは体の片側の手足のしびれや麻痺、めまい、意識障害、言語障害、顔の歪みなどがあります。これらの症状が出たら脳梗塞を疑い、すぐ病院で検査を受けることが大切です。症状が出てから数時間以内に治療を受けることが必要で遅れれば後遺症が残ることがあります。一過性脳虚血発作が怒るのは脳梗塞患者の25%程度だと言われています。残りの75%は突然脳梗塞の発作が起こるので危険率も高くなります。突然発症する場合も事前に何らかの症状が見られます。何もないのにつまずいたり、物忘れがひどくなったり、動悸や息切れ、震え、耳鳴りなどの症状が起きたりします。しかしこれらを脳梗塞と結びつけて考えるのはかなり難しいと言えるでしょう。

再発しやすい病気

脳の血管が血栓によって詰まったり血流が悪くなって周りの細胞が死んでしまうのが脳梗塞です。一過性脳虚血発作の前兆を見逃すと嘔吐したり呼吸困難になったりして意識不明になってしまいます。治療が遅れると命にも関わる病気で重い後遺症も残ってしまいます。しかし早めの治療で後遺症もなく回復する人もたくさんいます。初期の治療は薬物療法が中心となります。血栓を溶かす薬や脳のむくみを取る薬などが処方されます。再発予防には抗血小板薬や抗血栓薬などが使われます。脳梗塞は再発率の高い病気なので再発防止薬は毎日服用することが大切です。再発した場合は前回よりも重い症状が起こり後遺症も強く残ってしまいます。そのため、一度発症の危機に瀕した場合は、治った後も通院と検査を欠かさないようにしましょう。