患者

新しいがん治療法

身体の自己防衛機構を利用

女性医師

人間の身体には細菌やウイルスなどの有害物質が外から入ってくるとこれを無力化する自己防衛システムが備わっています。これを免疫機構といいます。つまり感染症などの病気は体力低下等により免疫機構の機能が弱まった結果だと言うことができます。この免疫機構はがん細胞の増殖を防ぐ働きも持っています。免疫機構をつかさどる免疫細胞の中には、がん化した細胞を捕食してしまうものがあります。そこで最近ではこの力を積極的に治療に生かそうという動きが盛んになっています。これを免疫細胞療法といいます。免疫細胞療法は患者自身の細胞を利用することから、身体への負担が軽い治療法として人気を呼んでいます。また、がんのタイプによってさまざまな治療法を選択できるという特徴もあります。そうした免疫細胞療法の1つに、樹状細胞療法があります。

攻撃目標を効率的に特定

免疫細胞にはいくつかの種類があり、それぞれの役割にしたがって連係プレーで身体の健康を守っています。樹状細胞はその中にあって他の免疫細胞に攻撃目標を伝達する司令官のような役目を果たしています。樹状細胞療法は、この伝達能力を高めて免疫機構の持つ攻撃力を向上させることを目指しています。樹状細胞療法では採取した樹状細胞に対して人工的に作ったがん抗原を接触させて攻撃目標として認識させ、その後身体に戻します。これによってがん組織を正確かつ効率的に狙い撃ちすることができるようになります。樹状細胞療法は開発されてから日の浅い治療法であるため、実施する機関の数はまだ限られています。しかし今も世界中で研究が続けられていることから、今後は認知度の高まりとともに普及が進むものと考えられています。